品川区天王洲アイルの「怖くない」「痛くない」歯医者、シーフォート歯科クリニックの歯が抜けてしまった方(インプラント)

歯が抜けてしまった(インプラント)

シーフォート歯科クリニック ホーム > お悩み別メニュー(診療案内) > 歯が抜けてしまった(インプラント)

お悩み別メニュー

  • 歯が痛む、歯がしみる(一般歯科)
  • 歯ぐきから血が出る、歯がぐらぐらする(歯周病)
  • 歯が抜けてしまった(インプラント)
  • 健康な歯を保ちたい(予防歯科)
  • 歯を白くしたい、歯ぐきをきれいにしたい(審美歯科・ホワイトニング)
  • お子様の歯を守りたい(小児歯科)
  • 歯並びが気になる(矯正歯科)
  • 親知らずの抜歯したい、顎が痛む(親知らず外来・口腔外科)

インプラントとは

インプラントとは

何らかの原因で歯を失ってしまったとき、また現状の入れ歯やブリッジに不満がある方のために、インプラント治療というものがあります。
インプラントとは、埋め入れるという意味で、体になじみやすいチタンという素材を用いた人工歯根を顎の骨に埋め入れて土台にし、人工の歯を被せていきます。見た目も、歯の機能も元の健康な歯のように使用できますし、しっかり噛めることで、生活の質も向上します。周りの歯を傷つけることなく、1本から複数本の欠損まで幅広く対応できるのも特徴です。

まずは患者様にあった治療方法かどうかをお調べします。お気軽にご相談ください。

治療の流れ

1.カウンセリング

1.カウンセリング

カウンセリングの段階で、インプラント治療を始めるかどうかを決めておく必要はありません。
まずは、インプラント治療の概要、メリットデメリットをお伝えするとともに、患者様の歯の悩み、ご要望などを伺ってまいります。
どうぞお気軽にご相談ください。

2.精密検査・診断・治療計画

2.精密検査・診断・治療計画

レントゲンやCT撮影、歯周病検査、噛み合わせの検査、顎の骨の検査などを行ない、お口の中の状態を細かく把握していきます。
そして、インプラント治療そのものが適しているか、インプラントの治療方法は何が良いか、慎重に診断していきます。
虫歯や歯周病などがあった場合はそちらの治療と合わせて、綿密に治療計画を立てていきます。

3.インプラント埋め入れ手術

3.インプラント埋め入れ手術

精密検査の各種データと治療計画に基づいて、歯肉を切開しインプラントを顎の骨に埋め入れます。
1回法の手術の場合は、人工の歯との接続に必要なインプラントの頭部分を露出させたまま、歯肉を整えて手術完了です。
外科手術になりますが局所麻酔を使用しますので、痛みもほとんどなく、日常生活に大きな制限はありません。

4.結合期間

4.結合期間

インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。期間は、埋め入れる本数や治療部位によって変わってきますが、おおよそ2ヵ月~半年ほどになります。
待っている期間は、仮歯を入れてお過ごしいただきます。
この期間中も引き続き清潔な口腔内を維持するため、しっかりとセルフケアを行なってください。

5.再度歯肉切開(2回法の場合)

5.再度歯肉切開(2回法の場合)

2回法の手術の場合は、上記の結合期間を経て、歯肉を再度切開します。
1回目の手術で、歯肉で覆っていたインプラントの頭を露出させ、インプラントと人工の歯を連結するための部品を取り付けます。
1回目の手術よりも切開範囲が少なく、短時間で完了します。

6.人工の歯の製作・装着

6.人工の歯の製作・装着

歯肉の治り具合が正常であることを確認後、人工の歯製作のための型取りをします。
歯の色や形などを決め、精密に製作します。
仮歯での確認後、最終的な人工の歯を装着します。

7.メンテナンス

7.メンテナンス

インプラント治療は、治療後のメンテナンスが必要不可欠です。
日頃の正しいブラッシングはもちろんのこと、定期的な検診・クリーニングにお越しください。インプラントを末永く使用できるようにサポートいたします。

インプラント治療方法(1回法・2回法)

インプラント治療方法(1回法・2回法)

インプラントと顎の骨がしっかりと結合するのを待つ期間中、土台となるインプラントの頭部分を歯肉から露出させておくか、頭まですべて埋め入れるかによって歯肉の切開回数が異なります。
その歯肉を切開する手術回数を「1回法」「2回法」と呼びます。使用するインプラントや患者様の口腔内の状態、ご希望などによって、どちらかを選択していきます。

1回法

歯肉を1回切開する手術法です。
インプラントを顎の骨に埋め入れる際、その頭部分を歯肉から露出させたままの状態で手術完了となります。
インプラントが顎の骨としっかり結合するまでに細菌感染したり、露出した部分に負荷がかかり、骨の結合に悪影響を及ぼす可能性もありますが、治療期間が短く済み、手術による体への負担も軽減されるのがメリットです。

2回法

歯肉を2回切開する手術法です。
インプラントと顎の骨の結合期間を待ってから、1回目の外科手術の際に、歯肉で覆ったインプラントの頭部分を露出させるため、歯肉を再度切開します。
治療期間が長くなり、費用も多くなりますが、結合期間中の細菌感染の心配もなく、骨の移植が必要な場合の方などにも適用できるのがメリットです。

All-on-4・6

All-on-4・6

総入れ歯の方や多くの歯を失ってしまった方に用いられる、インプラント治療の方法です。負荷を広く均等に配分できるよう、4本のインプラント(場合によっては6本)をバランスよく埋め入れて、連結した人工の歯全体を支えていきます。
手術当日に固定式の仮歯を入れることができますので、軽い食事であればすぐ噛むことができ、見た目に支障が出るタイミングもありません。また、インプラントの本数が少なくて済むため、費用を抑えることができると同時に、身体への負担を最小限に減らすことができます。
口腔内の状態によっては、不向きな場合もありますので、まずはご相談ください。

骨が足りない方へ(サイナスリフト、ソケットリフト、GBR)

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎洞(鼻の横にある大きな空洞)に骨移植を行なう治療方法です。
上顎の歯肉の側面を切開し、上顎洞と歯槽骨の間にあるシュナイダー膜という粘膜を露出し、押し上げます。そこにできたスペースに、骨補填剤や自家骨などを充填し、骨が安定するまで3ヵ月以上そのままにしておきます。
すると新たな骨が造成され、インプラントを埋め入れするのに十分な骨の厚みが出来上がります。骨の安定を待ってからインプラントを埋め入れるため、治療期間が長くなりますが、上顎の奥の骨が極度に薄い方にも適用できる治療方法です。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフト

骨の厚みがある程度確保できている場合は、ソケットリフトという治療方法で、上顎洞に骨移植を行なっていきます。 インプラントを埋め入れる穴をあけ、そこから骨補填剤や自家骨を充填して、少しずつシュナイダー膜を押し上げていきます。
この時、インプラントを埋め入れる手術も同時に行なっていきます。歯肉の側面を切開する必要がないので、サイナスリフトより短期間で、体への負担も少ない治療方法です。
状態にもよりますが、おおよそ4ヵ月ほどでインプラントと骨がしっかりと結合します。

GBR法

GBR法

GBR法とは骨誘導再生法と呼ばれ、メンブレンと呼ばれる特殊な膜を使用して骨の再生を促し、骨量を増やす治療方法です。
骨を増やしたい部分に骨補填剤や自家骨を充填し、その上に膜を被せます。そして歯肉を元の状態に戻し、骨の再生を待ちます。骨が再生する速度に個人差はありますが、おおよそ数ヵ月ほどで新たな骨が造成されます。
ある程度の骨の量があればインプラント埋め入れと同時に行なうことができますが、骨が極度に不足している場合は、骨の再生後にインプラントを埋め入れます。

医療法人社団 栄潤会

タカデンタルクリニック

住所

  • 〒103-0011
    東京都中央区日本橋大伝馬町
    4-5凰ビル2F

診療時間

  • 平日 10:00~13:00 / 14:00~20:00

休診日

  • 土曜・日曜・祝

TEL

  • 03-3666-6489

詳細はこちら

LaLaテラス歯科クリニック

住所

  • 〒116-0003
    東京都荒川区南千住4-7-2
    LaLaテラス南千住2F

診療時間

  • 平日 10:00~13:30/15:00~20:00
  • 土日祝 10:00~13:30 /15:00~18:00

休診日

  • なし

TEL

  • 03-3805-4618

詳細はこちら

晴海トリトン歯科クリニック

住所

  • 〒104-0053
    東京都中央区晴海1-8-16
    晴海トリトン3F

診療時間

  • 月~土 10:00~13:30/15:00~20:00
  • 日祝 10:00~14:00

休診日

TEL

  • 03-3533-4646

詳細はこちら

ロイヤルデンタルクリニック

住所

  • 〒116-0003
    東京都荒川区南千住4-1-3-2F
    (ロイヤルホームセンター飲食棟2階)

診療時間

  • 平日 10:00~14:00/15:00~20:00
  • 土曜 10:00~18:00

休診日

  • 日曜・祝日

TEL

  • 03-6806-8484

詳細はこちら