品川区天王洲アイルの「怖くない」「痛くない」歯医者、シーフォート歯科クリニックの歯ぐきから血が出る方、歯がぐらぐらする方(歯周病治療)

歯ぐきから血が出る、歯がぐらぐらする(歯周病治療)

シーフォート歯科クリニック ホーム > お悩み別メニュー(診療案内) > 歯ぐきから血が出る、歯がぐらぐらする(歯周病治療)

お悩み別メニュー

  • 歯が痛む、歯がしみる(一般歯科)
  • 歯ぐきから血が出る、歯がぐらぐらする(歯周病)
  • 歯が抜けてしまった(インプラント)
  • 健康な歯を保ちたい(予防歯科)
  • 歯を白くしたい、歯ぐきをきれいにしたい(審美歯科・ホワイトニング)
  • お子様の歯を守りたい(小児歯科)
  • 歯並びが気になる(矯正歯科)
  • 親知らずの抜歯したい、顎が痛む(親知らず外来・口腔外科)

歯周病とは

歯周病とは

歯周病の原因は、細菌の塊であるプラーク(歯垢)です。
このプラークに含まれている歯周病菌が、歯周組織(歯肉や顎の骨など)に炎症を起こし、歯周病が始まります。気をつけなければならないのは、初期の段階では自覚症状がないということです。
気が付かないうちに悪化し、抜歯しなければならない場合もありえます。しかしながら、歯周病の進行度を把握し、的確な歯周病治療を行なえば、歯周病を改善することができます。
なるべく早い段階で治療が開始できるよう、定期的に検診にお越しください。

歯周病の進行について

歯肉炎

歯肉炎

歯の表面にプラークが付着し、歯と歯肉の境目に炎症がおきます。
自覚症状はほとんどありませんが、歯肉が腫れ、ブラッシングの時に出血したり、硬いものを噛むと痛かったりする場合も出てきます。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

付着していたプラークが石灰化し、歯石となります。
その歯石が炎症を起こしている歯肉の溝(歯周ポケット)まで到達すると、歯周病菌はさらに勢力を増し、顎の骨まで溶かし始めます。
ブラッシング時の出血、口臭がするなどがあります。

中度歯周炎

顎の骨が引き続き溶かされ続けているため、歯周ポケットが深くなり、歯肉が下がってきます。
歯がグラつきはじめ、ブラッシング時の出血、口臭がするなどの症状が悪化します。

重度の歯周炎

顎の骨がほとんど溶かされた状態になり、歯のグラつきが増します。
歯肉から膿や血が出るようになり、口臭もひどくなります。ここまで来ると最終的に、歯が自然と抜け落ちてしまいます。

歯周病の治療方法

ブラッシング

ブラッシング

歯周病治療は進行状態にかかわらず、ブラッシングによるプラークコントロールが伴わなければ改善できません。
まず、日常どのようにブラッシング行なっているかを拝見させていただきます。そして、現状どこが磨けていないのかをチェックし、患者様に合ったブラッシング方法を指導させていただきます。
初期段階の歯周病であれば、ブラッシングによるプラークコントロールを徹底する事で、歯肉の腫れがひき、歯周病が改善していきます。

スケーリング、ルートプレーニング

スケーリング、ルートプレーニング

歯石がこびりついた状態だと、正しいブラッシングだけでは取り除くことができませんので、スケーリング・ルートプレーニング処置により歯石を除去します。 まず、ブラッシングでは取り除けない歯石を特殊な器具を使って除去(スケーリング)していきます。
そののち、歯周ポケットの中に入り込んだ見えない部分の歯石を取っていき、取ったあとのざらざらした歯の面を特殊な器具を使って滑らかに仕上げていく、ルートプレーニングを行ないます。
こちらの2つは歯周病治療の基本となります。

歯周外科治療(フラップオペレーション)

歯周外科治療(フラップオペレーション)

プラークコントロールやスケーリング、ルートプレーニングを行なっても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療を行なっていきます。まず歯肉を切開し、歯周ポケット部分を目で見える状態にします。そして歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や炎症を起こしている組織を徹底的に除去していき、歯肉を元の位置に戻し、縫合して終わります。
治療自体は麻酔をしますので、痛みがあることはありませんが、術後、腫れや若干の痛みが出る場合があります。

歯周組織再生療法(GTR法)

歯周組織再生療法(GTR法)

GTR法とは、歯周病が進行し、歯周組織が破壊されてしまった場合、その歯周組織を元の形に再生させる治療方法のひとつです。
歯周組織を再生したい部分に人工の膜(メンブレン)を入れて覆うことで入り込もうとする歯肉の侵入を防ぎ、歯周組織の再生を誘導していきます。
メンブレンの下が新しい組織で満たされるまで一定期間保持し、のちに除去します。新しく再生された歯周組織は、時間の経過により成熟していき、元の組織と同様の歯周組織に再生します。

歯周組織再生療法(エムドゲイン法)

エムドゲイン法の目的は、GTR法と同じく、歯周組織を再生させることです。
歯周組織の足りない歯周ポケット部分に特殊なたんぱく質の一種(エムドゲインゲル)を塗ることにより、歯肉が入り込むのを防ぎながら、細胞に働きかけて歯周組織の再生を促していきます。
エムドゲインの主成分は歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の一種で、安全性の確保された歯科材料です。使用したゲルは、時間の経過とともに吸収されていきます。

歯周病治療の流れ

1.歯周病検査・診断

歯肉の状態、歯周ポケットの測定、レントゲン撮影など、歯周病の検査を行ない、患者様の病状を把握していきます。
その後、患者様に診断結果をお伝えし、歯周病の治療方法についてご説明いたします。
全身の健康状態や食生活など患者様に関する細かい情報を伺いながら、細かな治療計画を立てていきます。

2.初期治療

まずは、患者様に合った正しいブラッシング方法を指導いたします。
そののち、歯石の除去(スケーリング・ルートプレーニング)を行ない歯周組織の炎症を改善します。
また、虫歯がある場合は、治療を平行して行なっていきます。ブラッシングは、歯周病治療の基本となるものですので、しっかりと行なうことを習慣づけましょう。

3.精密検査

初期治療が終了したら、歯肉がどの程度健康を取り戻しているか検査します。
結果が良好であれば、歯周病治療はメンテナンスと移行します。
改善が見られない部分に対しては、初期治療を再度行なうか、重度の場合は歯周外科治療へと進みます。

4.歯周外科治療・歯周組織再生療法

初期治療でも改善が見られなかった深い歯周ポケットに対しては、目に見える状態で清掃を行なうことが必要になってきます。歯肉を開いて歯の根の部分を露出させ、こびりついた歯石や歯周病に汚染された組織を取り除いていき、歯肉を縫合します。また、歯周組織の再生療法も合わせて行なう場合があります。

5.再評価・メンテナンス

歯周外科治療後、再評価を行ないます。元の健康な状態に改善されていれば、歯周病治療は完了し、メンテナンスに移行します。治療が終わっても、再発しないように注意を払うことが大切です。
健康な口腔状態を維持していくため、日常の正しいブラッシングを行ないながら、落としきれない汚れを定期的にクリーニングしていきましょう。

医療法人社団 栄潤会

タカデンタルクリニック

住所

  • 〒103-0011
    東京都中央区日本橋大伝馬町
    4-5凰ビル2F

診療時間

  • 平日 10:00~13:00 / 14:00~20:00

休診日

  • 土曜・日曜・祝

TEL

  • 03-3666-6489

詳細はこちら

LaLaテラス歯科クリニック

住所

  • 〒116-0003
    東京都荒川区南千住4-7-2
    LaLaテラス南千住2F

診療時間

  • 平日 10:00~13:30/15:00~20:00
  • 土日祝 10:00~13:30 /15:00~18:00

休診日

  • なし

TEL

  • 03-3805-4618

詳細はこちら

晴海トリトン歯科クリニック

住所

  • 〒104-0053
    東京都中央区晴海1-8-16
    晴海トリトン3F

診療時間

  • 月~土 10:00~13:30/15:00~20:00
  • 日祝 10:00~14:00

休診日

TEL

  • 03-3533-4646

詳細はこちら

ロイヤルデンタルクリニック

住所

  • 〒116-0003
    東京都荒川区南千住4-1-3-2F
    (ロイヤルホームセンター飲食棟2階)

診療時間

  • 平日 10:00~14:00/15:00~20:00
  • 土曜 10:00~18:00

休診日

  • 日曜・祝日

TEL

  • 03-6806-8484

詳細はこちら